クラウンジム
コラム

おやつと間食は違う!

2020/06/13

 

いつもお世話になっております!
神戸市東灘区の住吉にあるパーソナルトレーニングジムCROWN GYM代表の鈴木です。

 

本日は岡本方面からお客様が来て下さいました♪
梅雨入りでお足元の悪い中来て頂いて感謝です!

 

ところで、皆さんはおやつを食べることが多いでしょうか?

 

ダイエットにおいて意外と見落されがちなのがこの『おやつ』です。

 

仕事の休憩時間にちょっと小腹が空いたのでチョコレートやクッキー、スナック菓子を食べよう!なんてことは結構あると思います。

 

しかし、そのおやつこそがダイエットの妨げになっていることがあります!

 

おやつはお菓子を中心とした娯楽であって、心の栄養剤にはなりえるかもしれませんが、身体にとってはあまり必要とされるものではありません。

 

お客様へ食事指導をさせて頂くときに、1日の食事内容を教えて貰うのですが、このお菓子だけで1食分ほどのカロリーを摂ってしまっている場合があります。

 

スーパーやコンビニなどによく売られている某メーカーのアーモンドチョコレートの場合、1箱食べてしまうと、なんと610kcalも摂取することになってしまいます!

 

これではいくら普段の食事量を減らしてトレーニングも行ってもなかなか痩せませんよね。

 

おやつは心の栄養剤として、少量を楽しむのがベストだと私は思います。

 

では題名にもある間食とは何でしょうか?

 

間食は、食事の間隔が6時間以上空いた時(就寝中は除く)に摂取するものです。
分かりやすく言えば、エネルギーや栄養素が切れた状態で運動をすることがないように摂る『補食』です。

 

空腹で運動してしまうと、低血糖で脳にエネルギーが送られず、集中力も低下し、すぐに疲れるなど事故にもつながります。また、エネルギーがないので筋肉を分解してエネルギーを確保しようとしたり、トレーニング後の食事でドカ食いしてしまったりして、逆に太ってしまう可能性もあります。

 

そのようなことを防ぐためにも、効果的に間食を摂取する必要があります。

 

間食を摂る際のポイントは、
トレーニング前に空腹にならないタイミングで食べる
トレーニングの直前に食べない

1日の摂取OKラインカロリーを変えない

 

上記のことを意識して下さい。

 

間食からトレーニングまでの時間が空き過ぎてしまうと、身体は生きる為に常にエネルギーを使っているので、せっかく摂ったエネルギーも生命維持のために使用されてしまい、結局トレーニング前にガス欠状態になってしまいます。

 

それならトレーニングの直前に摂れば大丈夫なんじゃないのか?
と思うかもしれませんが、それもNGです!

 

食べ物を消化する際にもエネルギーが使われるため、直前に一定の量の固形物を食べてしまうと、消化にエネルギーを使用してしまい、本来の力が出せなくなる結果、トレーニングの質が低下する可能性があります。

 

なので、トレーニングの1時間前には消化􏰀に時間のかかる脂肪􏰁が多い食品は避けて、比較的吸収􏰀􏰂の速い糖質主体􏰀(おにぎり・うどん・そば等)の軽食にし、10分〜30分前では、すぐに吸収されてエネルギー源になるもの(バナナ・ゼリーやドリンク形状の栄養補助食品)を食べるようにしましょう!

 

さらに、ダイエットでカロリー制限をされている場合は、1日の摂取OKラインカロリーを超えないようにすることが大切です。
例えば、昼食後の間食におにぎりを食べた場合は、夕食ではそのカロリー分ご飯の量をカットして調整して下さい。

 

ただ、菓子パンなどは砂糖が多く含まれるため、食事に含まれる全ての糖質(穀類からのデンプンなど全て)よりも多くの糖質を摂取し易いので注意が必要です!

関連する記事

初回体験キャンペーン

1,980円(税込)50分/回

カウンセリング 20分トレーニング 30分

まずは「クラウンジム」を
体感してください!

ご予約予約してみる
©2020 crowngym.