クラウンジム
コラム

ケトジェニックダイエットとは?

2020/07/25

 

いつもお世話になっております!
神戸市東灘区の住吉にあるパーソナルトレーニングジムCROWN GYM代表の鈴木です。

 

本日は岡本方面からお客様が来て下さいました♪
やっと梅雨があけたかと思いましたが、4連休中はまた雨が続きますね(ToT)
ジメジメしていて、全てのやる気を持っていかれそうなので、早くカラッとした天気になって欲しいと切に願います笑

 

さて、今日の内容ですが皆さんは『ケトジェニック』という言葉を聞いた事があるでしょうか?

 

近年、海外セレブなどの間で流行だし、ロカボダイエット(糖質制限)に変わる新たなダイエット方法として注目されています。

 

このケトジェニックダイエットは、十分な量のタンパク質と上質な脂肪を摂取し、炭水化物を可能な限り避ける食事療法のひとつです。

 

炭水化物の摂取量を極端に抑えて、摂取カロリーの大半を脂質から摂取することにより、体がエネルギー源として炭水化物を使えず、代わりに体に蓄えてある脂肪を分解して使おうとする代謝状態(ケトーシス)に入ることで、脂肪の燃焼を促進させます。

 

一般的なケトジェニックダイエットは、1日の摂取カロリーの割合で脂質70%、タンパク質25%、炭水化物5%という感じで行います

 

例:1日の摂取カロリーを2,000キロカロリーとすると…

 

脂   質・・・155.5g(70%)
タンパク質・・・125g(25%)
炭  水  化 物・・・25g(5%)

 

上記の量となります。

 

ケトジェニックダイエットのメリットは、カロリー制限や脂質を気にしない食生活を送れることです。

 

ダイエットというと、空腹との戦いというイメージを持たれる方が多いかと思いますが、この方法だと、炭水化物の摂取を控えさえすれば、すきなだけ食べても構わないので、空腹感が耐えられない方には嬉しい方法です。

 

ただデメリットもあり、食べられるものに制限が多いです。

炭水化物、でんぷん、小麦類、果物といった糖質が多く含まれる食物は、原則的に摂取できません。

特に外食先や外食時の食事では食べられるものが限られるため、苦労することも多くなるでしょう。

 

また、筋トレとの相性はあまり良くありません。

 

前述した通り、ケトジェニックダイエットにより、ケトーシス体質になった身体のエネルギー源はケトン体です。

 

少し専門的な話にはなりますが、本来、筋トレではATP-PCr系というクレアチンを用いたエネルギー生産経路と、解糖系という糖質を用いたエネルギー生産が主になります。

 

しかし、ケトジェニックダイエットでは、この2つのうちの1つである解糖系でのエネルギー産生が失われているため、本来の筋力を発揮することが難しくなります。

 

その結果、筋力の低下を招きトレーニング強度と質が低くなってしまう恐れがあるので、筋肥大を目的とした場合は、この食事方法はおすすめできません。

 

以上のことから、当ジムではお客様の目的や向き不向きに合わせて、様々な方法を提案させて頂いております。

 

体づくりは食事からと言われるように、しっかりとしたトレーニングと併せて、正しい食事の知識も身に付けられるところが、CROWN GYMのメリットです♪

関連する記事

初回体験キャンペーン

1,980円(税込)50分/回

カウンセリング 20分トレーニング 30分

まずは「クラウンジム」を
体感してください!

ご予約予約してみる
©2020 crowngym.